日本で最高のキャンプ場

日本といえば、ほとんどの人が独特なファッションやユニークな文化、エキゾチックな食べ物を思い浮かべると思いますが、キャンプが日本で一番人気のあるアクティビティの一つであることを知る人は少ないでしょう。

人々は、家族や友達同士で、あるいは一人旅でも、忙しい都会の生活から離れ、自然の中で過ごす機会を求めています。

日本にある数多くのキャンプ場は、手ごろな価格で利用でき、安全に配慮されているだけでなく、素晴らしいサービスが充実しているので、少し長めに滞在してもっと楽しみたいと思わせてくれます。この記事では、自然とのつながりを感じ、エネルギーを充電するのにぴったりな、一生に一度は行くべき日本のキャンプ場をいくつかご紹介します。

阿真(あま)ビーチキャンプ場

離島にある素晴らしいキャンプ場です。ここへ行くには、沖縄本島からフェリーで座間味島まで行く必要がありますが、そこまでしても行く価値は十分にあります。

この美しいキャンプ場では、カヤックやダイビングなどのマリンスポーツが充実しており、なんとたった300円で利用できます。夏のハイシーズン時期には混雑が予想されるため、事前にテントの空きがあるか問い合わせが必要です。料金の例としては、10名用のコテージは2万1000円で、クレジットカードは利用できません。

星のや富士

正確にいうと、東京ではありませんが、ここは日本初の「グランピングリゾート」として特筆すべきものがあります。星のや富士では、カヌーや乗馬など、数多くのアクティビティを楽しめるだけでなく、キャンプファイヤーやテントも揃っており、ユニークな魅力となっています。

また、間近にみえる富士山と河口湖の美しい眺めも、星のや富士の特別な魅力となっており、ラグジュアリーなキャビンから美しい自然を味わうことができます。

城南島海浜公園キャンプ場

城南島海浜公園キャンプ場

東京近郊のキャンプ場をお探しなら、城南島海浜公園がおすすめです。気軽に息抜きをするにはぴったりで、しかも年間を通して利用できます。このキャンプ場では、人工のビーチとスケートボードパークを楽しめます。

羽田空港の近くにある城南島海浜公園からは、飛行機が離発着する様子が見えるため、他のキャンプ場とは一味違った雰囲気を味わうことができます。

田沢湖キャンプ場

キャンプをしながら自然の中でのアクティビティも楽しみたいという方には、田沢湖キャンプ場がぴったりでしょう。ここでは滝登り、カヌーやウィンドサーフィンはもちろんのこと、木曽駒ケ岳が近いのでトレッキングもできます。さらに、日本で一番深い湖である田沢湖で泳ぐこともできます。この田沢湖は、太陽の光によって、水の色がディープ・グリーンからインディゴブルーに変わる美しい湖となっています。

神戸園キャンプ場

神戸園キャンプ場は、基本的な設備だけを提供しており、一人でキャンプするにはぴったりなキャンプ場です。料金は比較的安く、デイキャンプの料金は一人300円で、貸し部屋の料金は700円です。11月から3月の期間に営業している数少ないキャンプ場の一つで、岩登りや釣り、温泉など、様々なアクティビティを楽しめます。